« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

チュービ☆アーツ2011夢その二

Heji10

ジョ へジンさんの作品「春になる夢」

Taj10

田近 麻子さんの作品「夢遊病」

Tana10

田中 すみれさんの作品「花夢」

Mako10

MAKO.さんの作品「ゆめも」

Sara10

sara*fuwamokoさんの作品「おそろいのぼうし」

Ura10

ぅらさんの作品「夢物語」

「チュービアーツ2011夢その一」

ギャラリーロケッティーダで開催中のアートサークル卒業生展「チュービアーツ2011」の出品作品を紹介します。

Kane10

かねだ しのさんの作品「ぼくわたフューチャー」

Sato10

佐藤直子さんの作品「いつか光が」(部分画像)

Ito10

きいろさんの作品「スタッフと朝食」

Hane10

悠幻さんの作品「赤い夢」

Kohuji10

こふじた はなえさんの作品「いろどり」

Kuro10

kuroさんの作品「Jump!」

Osaka10

小坂恭平さんの作品「夢の中」

*自前の旧式cameraデジカメで撮影しましたが、ガラス面で反射したりしてうまくとれずすいません。どれもとてもすばらしい作品shineです。

やっぱり実物の原画shineを見るのが一番ですね。

2011年5月27日 (金)

ロケッティーダ速報!

Rou7

ギャラリーロケッティーダで開催中のアートサークル展「チュービ・アーツ2011」。

5月26日には、美術評論家の勅使河原純先生(元世田谷美術館副館長で東大や東京藝術大学の講師もされています)のcamerapen撮影取材がありました。

ロケッティーダの立花ミントンさん(イラスト卒業生)が制作中の「役者絵」にいたく感動されて、「勅使河原純×立花ミントン」で新アートプロジェクトが発足しそうですよsign03

やはり、チャンスは、人との出会いから生まれていくものですよね。
とても良いアドバイスを受けた者もいますが、ぼく自身も大変勉強になりました。

karaoke勅使河原先生の言葉で特に印象に残った言葉。
「アーティストになろうとする者はみな、『発信力』ばかりに熱心だけど、本当に大切なのは実は『受信力』なんです」

そうなんですよね。
みな、自分の作品を作ったらただ展示したり、公募に応じたり、投稿したり、サイトに発表したり・・・ただそれだけで満足しちゃう人が多いです。
大切なのは、自分の作品を見て、人がどう思い、何を感じるか。
自分の作品に対する反応をしっかり受信して、それを次の作品作りに生かさないと。

まあでも、在校生の場合はまだ『発信力』そのものを身につけてからですね。
誰に見てもらいたい作品を作るのか。
そしてそれ以前に、『作品力』(人に見せるだけの力を持った作品)を身につけないと。

一歩一歩進んでいきましょう。

でも、人との出会いやチャンスは、大きく自分を飛躍させるものだから、積極的に行動すべきです。

new6月5日(日)最終搬出日に打ち上げパーティーを開催します。
17:30~19:30
会費2千円
*会場はロケッティーダのすぐ近く。参加希望者はそえだまで!

2011年5月26日 (木)

サークル展設営準備してます〜

Ro101

Ro102

Ro103

Ro104

Ro105

ギャラリーロケッティーダでのサークル展がいよいよ始まるので設営準備です。 ロケッティーダは、作家よしもとばななさんもよく訪れるギャラリーで、本の中にもよく出てくるんですよ。ご近所らしいです。

2011年5月 7日 (土)

連休彷徨

Koku1

Koku2

Koku3

Koku4

Koku5

Koku6

国展(国立新美術館)彫刻会場で見かけたアニマルたち。

Uepa

上野動物園にやってきたパンダ。すごい大行列だけど、見るのは30秒でした。

Syaraku1

写楽展は震災で開催が延期になってたけど、待っていた甲斐がありましたね~

もうすぐサークル展です。

がんばりましょう。Ren1

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »